melanofocusの日記

内緒の話

下げチン

男は女を馬鹿にする。嘘を言って馬鹿にする。

女を馬鹿にして賢い女をも馬鹿にする。

馬鹿な女だらけの世の中にしたいのか。何故、女は馬鹿にされるのか?

求める答えを得たい。

ママってね···

ちょっとずつ

ちょっとずつ強くなっていくんだよ

いきなり母親になったから強くなるんじゃなくて

本当に少しずつ

少しずつ

1年

1年

たくさんの事を積み重ねて

強くなっていくものなの

だから

道程の途中

いろんな事があっても

気長に待って見て

育てて欲しいと思う


パパになる方へ···



『清く正しく美しく』

私のモットー『清く正しく美しく』

この事をモットーとしたのは、いつ頃の事だったのだろう


懺悔をしたとする

自分を省み正しく生きようと努力したとする

いったいどのくらい反省すれば許されるのだろうか?

清く生きたいと願う心

その心の表現はどうすれば認められ美しく存在していられるようになるのか?


清く・・・

清くない もはや清くない

正しく・・・

正しいとは何であろう?世間一般的であればいいのか?主義主張が世間一般的からはみ出す加減を測るのは誰?正しいが分からない

美しく・・・

私が求めるそのもの

手に入れたい手に入れたい手に入れたい


その為に努力する


努力はきっと私の源になると信じて


誰かに信じられる事が目的ではない

誰かに何かを求められる事が目的でもない

私が誰かに何かを求めている訳でもない


私は私である為に努力する

私は私の求める私に近付く為に努力するのである


過ち、汚れ、欲望に支配される時が一時でも短くなれるよう元気に生き研鑽していこうと思う


そして、いつか・・・

その時が来る事を切に切に願うばかりなのである


いつか・・・いつか・・・

美しくなりたい


私が許される時が・・・

それは、きっと

私が私を許す時が来る事を・・・

努力して待ち望んでいる


旗を掲げよ奮起せよ

私の天使が私に鼓舞する声がする




人間のしくみ

透明度の高い真っ白な状態でこの世に生まれ堕ちると、日に日に成長と共に汚れ穢れながら色がつく

その色は重なって重なってその人だけの色になる

人は

汚れても

穢れても

だけど

美しいものを求め

眼前の綺麗な景色、折に触れる暖かい笑顔

穏やかな心が真っ直ぐに伸びる

熱い音を聴き、精神論を語り希望が起こる


汚い細胞に負けないで

死なないで

生きていて


だけど人はしんでいく

悲しみは簡単には消えない

苦しみも体の静寂を待って襲ってくる


忘れないで

忘れないよ

いつも思ってるよ


でも都合よく忘れて

都合よく思い出す

悲しみも苦しみも都合よく忘れて

前向きにポジティブに

そうやって人はいきている





我見

男好きなのは、飢えてて欲求不満だから


女好きなのは、ヤリちんだから

ある人

平気で大口叩いて理屈の通らない嘘をつき、他人に嫌われていることにも気が付かない面の皮の厚い奴


恥の上塗り


自画自賛以外の賞賛は一切ない


他人を貶めて嘲笑っているような奴は、その身に報いを受けるべき 







睡眠

めちゃくちゃ眠くって仕方がない時が頻繁にあると思えば

全く眠気が現れそうにない日が1年に3日くらいある

昨夜がそうだった

翌日怠くなるのかと思えばそうでもない

単に脳の何かしらの変調の所為なのかしら

それともホルモンバランスの関係かしら

分からないけど、どうでもいい


精神疾患は脳の病気と言っても過言では無いように思う

ただ、何がどうなって精神疾患と診断されるに至るのか・・・これはとても気になる所です。


何故なら、私の兄は精神病患者だからです。

どうして、兄はあの様になっていくのか。またいったのか、とても疑問に思います。主に、何故あの様に進行が早いのか、とても知りたい所です。


精神疾患が脳の病気であるならば、ピンポイントで疾患のある場所に何らかの刺激を与えれば改善されるといった、その様な治療法は無いものか・・・。これは、あくまで、精神病とは脳疾患である場合の話しとしてですが、夢の様な劇的な改善または治療法を待ち望むんでいるのでした。


m(_ _)m